不動産を利用する|物件のことは本職の人に任せちゃおう

best home

歴史からみる物件

貿易港として栄えた地域

Real estate

神戸は兵庫県の県庁所在地で、都会でありながら海と山に囲まれて自然も豊かで住みやすい町として不動産の人気があります。 神戸は古くから貿易港として栄えた歴史があり、古代からの古墳なども多く残される歴史のある町です。 舶来文化を受け入れてきた歴史があるので独自の文化が発展し、現在でもファッションの流行の発信地となっています。 異人館などの異国情緒のある建物が観光名所となっていて、日本全国から観光客が訪れています。 神戸市ができたのは明治時代の廃藩置県の後で、その後も人口が増え続け100万人を超えて政令指定都市になっています。 1995年の阪神淡路大震災では大きな打撃を受けますが復興を遂げ、日本有数の都市として住みたい町に名を連ねています。

全国でも人気の都市

神戸市は人口も多く交通網も発達しており、利便性のいい都市なので不動産の価格は高水準を維持しています。 日本全国でも神戸の不動産の価格は上位で、1980年代のバブル期以降は不動産価格は下がり続けていましたが現在はゆるやかな上昇傾向にあります。 兵庫県の中でも神戸市の不動産価格が高く、特に中央区の不動産や地価の価格は群を抜いています。 次いで東灘区や灘区の価格が高く、特にこの山手地域には高級住宅街があることから人気のエリアとなっています。 住宅街よりも商業地の方が価格が高い傾向があり、都市部では価格が上昇していますが郊外では地価が下落している地域もあります。 主要駅の近くの不動産は人気があり価格も上昇傾向です。